ロリータ

『ロリータ』《Lolita》は、1962年のイギリスの映画。ウラジーミル・ナボコフの同名小説をシナリオとし、ナボコフ本人の脚本でスタンリー・キューブリックが監督した著作です。上映時間152分。モノクロ。日本での公開は1962年9月。

ストーリー

霧深い日、荒れ果てた邸宅でキルティという男を射殺したハンバートプロフェッサーは、フラッシュバックで事の顛末を思い出します。パリからアメリカにやってきたハンバートプロフェッサーは、夏を過ごすために田舎町で下宿の家を探し、ヘイズ夫人の家を訪れました。そこで美しい少女の姿を目にしたハンバートは、釘付けになっています。少女は夫人の娘ドロレス・ヘイズ、ロリータでありました。早速下宿を決める。ロリータに心奪われたハンバートは2階に上がってきたロリータにエドガー・アラン・ポーの「ウラルミー」《Uralume》を朗読します。ハンバートの虜となったヘイズ夫人と結婚する事に。それはロリータのそばにずっと居たいがためでありました。そして彼の本心を知り、逆上して家を飛び出した夫人は、不慮の事故で死ぬ。念願叶い、ロリータと2人きりになったハンバートプロフェッサーは、異常な独占欲と愛欲に駆られ、ロリータを連れての旅に出ます。

2人だけの逃避行を続けていましたが、自分たちを車が追跡していることに気づく。ロリータは思いすごしではないかと気にしありません。ところが、インフルエンザで入院したロリータが伯父と名乗る男に連れ出されます。宝を奪われてハンバートは痛恨の日々を送る。

全く消息を絶っていたロリータから手紙が来る。ロリータは鉱山の町の貧しい家で懐かしそうに迎える。彼女はキルティに連れ出されたあげく棄てられ、1年ほど前に今の夫と結婚し、引越するにつけて金が入用だったのでハンバートに無心したのです。ハンバートは総てを忘れ、一緒に暮らそうと懇願したが、聞き入れられありません。あきらめたハンバートは400ドルの現金2500ドルの小切手、家を売却した1万ドルをシャーロットに渡し、キルティの家へ向かい、射殺。逮捕されて公判を待つうちに急死します。

登場人物

  • ハンバート・ハンバート - ジェームズ・メイソン
  • ドロレス《ロリータ》・ヘイズ - スー・リオン
  • シャーロット・ヘイズ - シェリー・ウィンタース:ロリータの母。
  • クレア・キルティ - ピーター・セラーズ
  • ヴィヴィアン - マリアン・ストーン
  • メアリー - ロイス・マクスウェル:看護師。

シナリオとの違い

 大まかな筋はシナリオと同じですが、ステージを現代《制作当時の1960年代》に移しており、さらにアメリカがステージであるにもかかわらず、イギリス人中心のキャスティングが行われ、ほとんどがイギリスで撮影されている《当時のアメリカの厳格な検閲を避けるため》。シナリオではもっとあどけなく、それでいて小悪魔的な魅力のあったロリータは、当時の検閲と規制によりシナリオよりも若干年齢が上がり、おませでどこか冷めたような感じのヒロインになっています。時代的な事もありまして、性描写が全く無い。また、映画には省略された人物や事柄も数多くあります。特に映画でのシャーロットの描写はまるで別人です。

映画『ROOM237』を見た後に……キューブリック監督って誰なの!?